借金とは

お金を借りる行為だったり、借りたお金のことを借金といいますが、会計や経理用語では、借入金といい、法律的用語でいうと、債務の一種です。

個人から個人に借金をする場合、個人から法人に借金をする場合、法人から法人に借金をするなど様々あります。
例えば、買い物で支払いをするときに、あと100円足りないから貸してと親しい間柄で小額のお金の貸し借りが行われている場合には、書面で契約を交わせることもなくそれなりの頻度でおきていることかもしれません。

しかし、ある程度まとまった金額を渡す場合には、書面などで証拠を残して、貸したお金が返ってくるようにすることが良いでしょう。
ちなみに、このような書面のことを借用証書といいます。
借用証書には、貸した人の名前や住所、借り人の名前や住所、具体的な金額と貸し借りをした日付などを書き、署名や捺印をします。
これは、特に専用用紙でなくても、前述した必要な内容が書かれていて、署名や捺印があれば、法的に金銭の貸し借りの証拠として認められます。
借りた人が返金するときには、貸した人から受領証を書いてもらうことで、確かに返金があったという証拠が残りますし、あるいは、借用証書の原本を返却してもらうという行為を行います。

借金というと、個人と個人(法人)の印象は強いかもしれませんが、政府が借金をするということもあります。
債権を発行したというのは、政府が借金をしたということです。
現在、国の財政は、歳出が税収等を上回る財政赤字の状況が続いており、借金で埋め合わせをした結果、普通国債の残高は年々増加傾向にあり、現在780兆円に上る見込みだといわれています。


≪注目サイト≫
個人が消費者金融から気軽に借金が出来るサービスをキャッシングといいます。こちらは一週間であれば無利息でキャッシングができるサービスです・・・キャッシング

Copyright © 2014 借金のいろいろ All Rights Reserved.